中日本ハウスの家づくりがわかる本  無料プレゼント

中日本ハウスの家づくりがわかる本  無料プレゼント

最新イベント情報 中日本ハウスの家づくりを体感!

愛知全域・名古屋市 重量鉄骨住宅、狭小住宅、
3階建て住宅、二世帯住宅は中日本ハウス

文字サイズ

家づくりのご相談はこちら 0120-034-562

お問い合わせ/資料請求

会社情報 代表者あいさつ

季節のごあいさつ申し上げます・・・

 

大気の中に遠く北極から進軍して来る冬将軍のさきがけがちらっと姿を見せると、炎暑は舌を巻いたように一転して、たちまち朝夕の涼しさが広がる。生きかえるような心地です。

いくつかの台風がやって来て、熱いあいつ、夏空にのさばる入道雲たちを追い払ってくれましたが人間どもは暑さに苦しんだことなどすぐに忘れて・・長袖だ・・掛蒲団だと。

昔の言い伝え「お盆が過ぎると・・・」言葉どおりですね。

 

先日ふと考えたこと・・この日本で7月、8月の炎天が半年も続いたらどうなるのでしょうか。

ほとんどの方が夏バテで半死半生になるのでは??

そう考えてみると亜熱帯地域に住む人々が日中あまり仕事もせずに涼しい日陰でゆっくりしている姿は当然と言えば当然ですよね。

「君・攻め給うなかれ!!」でした。

春夏秋冬この確かな四季が小刻みに巡る日本の風土に住む私達は恵まれていますね。

遠い昔から、ご先祖様がよくぞ日本にお住まい下されたと思います。

 

ずいぶん前のことですが、友人たちに誘われて雲南省昆明に行ったときには驚きました。昆明の国際空港は標高2000メートルにありましたが広範な地域は一年中春なのです。

町の中のあちこちに『春城』と書かれていました。空港の路傍にはエーデルワイスが可憐に咲いていました。なんと穏やかなのでしょう。日本の「春の小川」みたいなところが至る所で見かけられました。

 

こちらのご先祖様もいずこからか、この住みやすいところを目指して来られたのでしょう。一年中穏やかな春の中で暮らす幸せ!先人の知恵と思いやりに感服です。

それは、それながら風景の美しい日本の秋もひとしおですよね。

 

 

古人が心にしみる情景を歌い上げています。

「赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり」

「秋草の すぐしおるるを もてあそび」(萎るるが正しいのですが)

「今日からは 日本の雁ぞ 楽に寝よ」

「うつくしや 障子の穴の 天の川」

「この道や 行人なしに 秋の暮れ」

「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」

「荒海や 佐渡に横たう 天河」

経済社会で印象的なのは「桐ひと葉落ちて天下の秋を知る」

などいいですよねえ。

 

 

人生という旅の途中でそれぞれがそれぞれの時を過ごしつつ傑出した俳人たちの歌った 五七五 の17文字の中にはさすが無限のロマンが広がるようです。

さてさて・・・「秋石英のぶつかる音がする」(靖)・・・

そんな静かな河原での・・・ではなく本社の風景です。

 

この秋、社員の皆さんは本社、東、北の三営業所に分かれてお客様よりのご注文を所員全員でお受けする体制をとっています。

そのせいもあって日曜日の本社は割と静か。

 

賃貸や不動産仲介関係、PR見た、などの電話問い合わせが散発的に入る程度。あちこちの机からキーボードの操作音がカサカサコチコチ聞こえて・・全社の仕事は確実に進捗しています。

新しいカタログも増えました。

 

またこの度、日本で一社だけの

「防災住宅専門メーカー」として名乗りを上げました。

阪神大震災のボランティア時代から続く防災に関するわが社の思いが結実して最強の≪×3耐震Revo≫重量鉄骨造に加え、防災ノウハウで皆様の「住む安心」にますます貢献いたします。

今後ともご期待くださいませ。 お問いあわせをお待ち申し上げています。

 

平成29年9月21日

 

季節のご挨拶申しあげます

 

 

ここにきて炎暑、台風、大洪水、山崩れ、日本全土で自然の猛威。

人類はこの力の前では無力です。災害に遭遇された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

縄文の昔から便利な谷川沿いに住まい、田んぼや畑の近くに生活の拠点を置いて長い間、暮らを紡いで来られた大半の皆様は「想定外」など・・・と軽軽に言う人には理解できない歴史的な重いものを感じざるを得ないことでしょう。

過去インドに旅したときに聞いた

世界的大河ガンジス川流域に住む農家の方の話。

いつも大洪水が発生する。そのたびに家が流されて家族が亡くなる。仕方ない。それでもまた家を建てそこに住む・・・代々そうしてきた。それでいいではないか。

それはそうかもしれませんが、自然の力に対する人間の無力さには、やはり深い悲しみを感じますね。人々が生きてゆくうえでどうしようもなく自然なことかもかもわかりません。

 

ふと脳裏をかすめたこと・・だから歌人たちが歌うのかな・・

「白鳥は悲しからずや 海の青 空の青にも染まず漂う」

「ふるさとの お鈴の山の悲しさよ 秋も霞のたなびきており」

「幾山川 越え去りゆかば 寂しさの果てなむ 国ぞ今日も旅ゆく」 

などなど悲しさ寂しさいろいろ。

人は皆 生きて過ごすあちこちでどうしようもない寂しさや悲しさを思うことがある。このような原点は人間の無力を悲しむ姿なのかなあ・・・と。

 

また一つインドでのお話

死亡すると遺体を焼いてガンジス川に流す・・

流した後はさっさと家に帰る。何もない。借り物の体を返しただけ。

人々のさらりとした死生感には感服しました。

同時にたくましく人々の生きる力強さもしたたかさも

このだらしない呑兵衛にはガツンと来たのでした。

くたくたに疲れた体に、地元で採れた砂糖とミルクのきいた濃いダージリン紅茶が心地良かったのを思い出しています。

お盆前の暑い暑い毎日ですが(ひぐらしの鳴きはじめた)ふるさとのことでも思いながら紅茶はいかが。

 

皆様のご健勝をお祈りいたします。

 

平成29年7月23日

移ろう季節に・・・ご挨拶申し上げます。

 

 

陽気に誘われるように土の中の虫たちがごそごそと這い出してくる

たちまち芽吹きの季節へ。

 

田舎の田んぼでは田起こしから田植え

柿の葉が柔らかくほころぶ頃には南からツバメたちが来る。

オタマジャクシ時代を抜けたカエルたちが合唱団結成。

夕焼け小焼けが風景を染めて日が暮れる、あちこちの家から煙が立ち昇る。

川原のせせらぎは終日変わらない。やがて夜空は満天の星。

静かに静かに夜が更けて、すだく虫の音。

 

 

子供の頃にはこんな豊かな大自然の営みの中で暮らす日々がありました。

大自然に人が寄り添いながら暮らしを紡ぐ縄文の大昔とあまり変わらない素朴な生活。

 

そんなことがあったからでしょうか。都会で暮らしていると、日常の視線が陽光や風や樹木や草花や鳥獣とはかけ離れているので時間の経過や季節感に乏しくて、ふと気が付けば「心が乾く」というのか・・・無性に「里山あたりに行きたいなあ」という思いに駆られる時があります。

里山に行けば「憩」があって人間の煩悩を慰めてくれるような気がするのですが

もしかしたら鮭が大洋を泳いで生まれ故郷に帰るような「帰巣本能」のなせる業かなと思ったりします。

 

 

さてさてこの季節には風や樹木に誘われて人の心も動きますね。

この季節に建築空間をデザインしていますと

空間にさわやかな風を通り抜けさせてやろう。

リビングからは木々の葉のそよぎが見えるように

花のそばに小鳥たちが訪れるように・・などと自然との接触を意識します。

 

 

厳寒の真冬や炎天の真夏とは意識も視点も(残念ながら)

基本的に変わるようです。

もちろん建築の人間性に対する機能は春夏秋冬を通じて

客観的で万全でなければなりませんがここは

「人間の悲しさ」本能が刺激されるゥ・・・のですから仕方がない。

こんなことを今日も考えながらキャンバスに向かっています。

デザインするって本当に楽しいことなんですよね。

 

お客様の心に育つ「憧れの空間」それぞれに違いますが

お聞きすればするほど、おひとり御一人に

憧れの空間があるのです。こだわりと言い換えましようか。

こんなふうな空間、しつらえ、外観、手触り、こんな色、この形、

心をえぐるような思いに気が付かされて、驚くこともあります。

お客様の心の中に物語がひそむのです。

私たちはそれを大切な宝物のように

共同作業で具現化してゆくのです。

 

「・・・そうそうこれだよ!これが実現したかった。」

こんな言葉が聞けたらもうバンザーイ!です。

 

この季節も全社員がご来場をお待ち申しております。

 

平成29年4月12日