選べる4つの工法

家づくりの専門家が、あなたに最適なプランをご提案

お客さまより、「どんな工法が良いのかわからない。」とお聞きすることがよくあります。私たち中日本ハウスは、家づくりの専門家として、お客さまの希望を全てお聞きした上で、最適な工法•プランをご提案します。

 

 

ご夫婦+子ども2人

駐車スペース1台分、敷地を最大限活用、地震に強い家、モダンな外観

北側に駐車スペースを確保し、建物間口を広く取る為、メンテナンススペースは必要最低限で設定いたしました。構造は地震に強い重量鉄骨とし、お客様のご要望に合わせ、シンプルモダンな外観といたしました。

自分らしく暮らせる家を見つけませんか?

選べる工法1
重量鉄骨工法(X3-Revo)

骨組みにはX3耐震Revoを採用し、外壁にはバリエーション豊富な素材で提案が可能。

デザイン性、耐震性、防火性に優れ自由な設計が可能。

デザイン、素材によりハイコストになる。

大型住宅、デザイン住宅、狭小地、変形地、2~3F建

 

選べる工法2
軽量鉄骨工法

骨組みに10cm角の柱と筋交いを一体にした特殊軽量鉄骨部材を使用し、規格化された金具でつなぎ合わせるユニット構法。

木造に比べ比較的大きな間取りが取れる。

プランによっては多少、壁や窓の制限を受ける。

2~3F建

 

選べる工法3
木軸工法

木造の家を建てる場合、日本で最も多く用いられている工法。基本構造が柱と梁の軸組みのため、台風などの横風にも強い安定した家づくりが可能となる。

木のぬくもりを感じる家づくりができる。

ある程度の壁や柱を必要とする為、プランに制限。

1〜2F建

選べる工法4
2×4(ツーバイフォー)工法

木軸工法が角材を使用し強度を出すのに対し、ツーバイフォー工法では主に床や壁などの剛性面で強度を出していく工法。

短工期での建設が可能。

壁が家の強度を支える構造のため、間取りの設計に制約がある。

2〜3F建